H1_uchutanken_s あなたの「いいね!」が宇宙への大きな一歩につながります。

mielca_s

この本を読んだ感想をお寄せ下さい!

以下本書序文より。

「ミエル化宣言」
〜宇宙探検のすすめ〜

本書は、2011年4月12日からスタートしたJAXA 職員有志による「有人宇宙ミッションのミエル化」という活動から生まれました。

 JAXA の職員は皆、宇宙が好きで、宇宙の仕事がしたくて、JAXA に就職しました。しかし日々の業務に追われ、宇宙に対する憧れや夢を忘れてしまっているのではないか……。そんな思いから「有人宇宙ミッションのミエル化」チームは、JAXA 職員を対象に「あなたは、宇宙へ行きたいですか?」という問いから始まるアンケートを実施しました。まず自分自身に問いかけ、宇宙へのあこがれや夢を思い返すことが、最初の一歩になると考えたからです。

 本書では2つの目的を掲げています。

 1つめは、今まで世界各国で行われてきた「有人宇宙ミッション」を振り返りながら、日本の実績や実力を把握し、日本の強みを知ってもらうこと。いわば「地図を広げ、現在地を知る」という営みです。

 2つめは、「目的地を定める」こと。火星や木星、あるいは日本独自の宇宙基地など、その選択肢は無数にあります。「有人宇宙ミッション」がたどってきた歴史と、「なぜ人は宇宙に行くのか」「宇宙で何をするのか」という問いの答えを検証した上で、具体的なミッションの計画検討を深めます。

 JAXA の「X」とは、エクスプロレーション(Exploration)、すなわち「探検」を意味する「X」です。ユーリ・ガガーリンによる人類初の宇宙飛行から、半世紀が過ぎました。

次の50 年で人類は火星に行けるのか。

宇宙は私たちの日常となるのか。

日本はどう貢献できるのか。

この本をツールとして、日本における「宇宙探検」の未来を、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

2012年3月 JAXA「有人宇宙ミッション検討のミエル化」チーム


関連リンク

banner_l_j  SPACESHIFT_LOGO_001_D